飲食店開業でお困りの方はITA大野税理士事務所へ

飲食店開業支援コラム by ITA大野税理士事務所

飲食店の開業資金が自分で貯金したお金がなく親族支援のみで融資を受けるのは印象はどう?

2017-09-15
この記事は 166 回閲覧されました。
Pocket

こんにちは!業界初!飲食店開業融資支援専門税理士の大野晃です!

飲食店の開業資金が自分で貯金したお金がなく親族支援のみで融資を受けるのは印象はどうなのか?

日本政策金融公庫に限ったお話しではないと思いますが基本は印象がよくないと思ってよいです・・・

理由はと言うと

日本政策金融公庫のお金を貸す側の立場に立ってみるとすぐわかると思います。

飲食店を開業したいと熱く思っている人がなんで自分でお金を全然貯金してこなかったの・・・

自分で貯金する事をサボってきた、飲食店開業にかける熱意も大した事なんじゃないのか・・・

自己資金を貯金できなかった飲食店開業予定者が飲食店経営で出た利益をしっかり貯金しながら借りたお金を規則正しく本当に返済できるのか?・・・

とみられてもおかしくないですよね。

じゃあ自分でいくらくらい貯金すればよいのか?

私が飲食店開業支援をしていて日本政策金融公庫の担当者の方とやりとりをしている中で

問題なさそうだなと思う金額は100万円以上くらいだなと経験上思いました。

もちろん100万円未満だから通らないと言うわけではありませんが、印象は余り良いと言いう感じではないです・・・

飲食店開業予定者が日本政策金融公庫の融資の土台にのるために

最低必要なお金は

自己資金100万円以上+親族支援金≦不動産取得費(前家賃、仲介手数料、礼金、保証金 )

居抜き物件の場合には出来たら造作譲渡のお金も賄えたらベストです!

上記のお話をもっと詳しく知りたい方は下記コラムを参考にしてください。

>> 飲食店開業を東京で考えているなら自己資金は最低300万円必要!?

以上、飲食店の開業資金が自分で貯金したお金がなく親族支援のみで融資を受けるのは印象はどう?でした。

皆様の飲食店開業そして成功と言う夢をいつも応援しています!!

いつも飲食店開業支援コラムをご覧いただき誠にありがとうございます!感謝します!

この記事を書いた人

大野晃
大野晃
ITA大野税理士事務所 税理士
http://www.ita-ohno.com/
株式会社CHANGE 代表取締役
「飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法」著者
Amazon「外食産業部門ランキング」第1位(2015年2月27日時点)
http://goo.gl/XWcsM1

昭和59年生まれ 東京都千代田区神保町に在住。

飲食店の開業率の向上、及び飲食店の廃業率の低下を理念に掲げており、また飲食店の成功を、本当に助ける事ができるのは開業前からの支援が重要と考え日々活動中。

「日本フードアドバイザー協会飲食店サポートクラブ会計事務所」に認定及び日本政策金融公庫の支払利息を1%引き下げる支援が可能な中小企業庁公認の「認定支援機関」に認定され理念遂行の為に飲食店を成功に導くためのサービスを行なっている。

個人Facebook お友達申請歓迎!
個人Facebookページ申請

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

個人Facebookお友達申請歓迎 随時情報発信します!大野晃Facebook

飲食店開業資金・創業支援センター ITA大野税理士事務所までご相談ください

初回は無料でご相談にのります!

お悩みがある方は下記バナーをクリックして、お問い合わせください。

top_bnr01

Screenshot

amazonでの購入はこちら楽天ブックスでの購入はこちら7-NETでの購入はこちら



お電話でのお問い合わせはこちら 03-5943-2567 平日月~金 9~18時 ITA大野税理士事務所 住所:東京都板橋区氷川町26-5栄ビル1F メールでのお問合せはこちら

飲食店開業融資専門税理士による飲食店開業融資の相談 初回無料診断ですのでお気軽にお問い合わせください

タッチしていますぐお電話!03-5943-2567

メールでのお問い合せはこちら(24時間対応)

メディア最新情報

『繁盛する飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法』発売中
FM79.2ラジオ  ゲスト出演「開業前に知って得する飲食店開業融資・助成金」

創業支援メニュー

飲食店の開業支援・融資支援

飲食店開業資金融資支援センター
公式Facebookページ



大野晃facebook個人ページ