飲食店開業でお困りの方はITA大野税理士事務所へ

飲食店開業支援コラム by ITA大野税理士事務所

飲食店開業者自身が融資申請して1度NGと言われたものが専門家がサポートしたら結果が変わるのか!?

2017-02-19
この記事は 243 回閲覧されました。
Pocket

税理士業界初!!東京都で飲食店開業支援専門税理士の大野晃です!

今回は飲食店開業予定者ご自身が日本政策金融公庫に融資申請してNGだった場合に専門家にサポートを依頼したら黒だった結果が白の結果(融資審査が通る)になるのか!?

つまり、まずは自分で融資申請をチャレンジしてみて、NGだった場合に専門家サポートと言う順番でも大丈夫なのか?と言うお話になります。

結論から言うと黒が白にひっくり返る事はないと思ってください。

ご自身で事業計画書を作成し融資申請した公庫の視点から融資審査の結果NGと言われたものが、専門家がサポートしたからOKと言う流れは残念ながら私が経験している限りはないみたいです。

少なくとも半年から1年間隔をあけて融資審査で指摘された事項を時間をかけて改善しましたと言う姿勢を見せていく事になります。

だから1回で融資申請を決める事が凄く大事です!

落ちてしまったら、不動産物件契約したものを手放すことになり、不動産契約したお金も1部失う事になります。

融資審査に落ちるきっかけは色々あると思います。

・事業計画書の精度が甘い

・自己資金不足

・勤務経験不足

・過去の税金等の未払い

・過去のキャッシング

などなど色々考えられます。

特に事業計画書の精度が甘いと言う点に関して

借入金の返済原資 つまり借入返済はどこの原資からすればよいのかと言う事です。

個人事業であれば

「税引前当期純利益+減価償却費等-生活費-税金-留保金」>借入返済

詳しくは以下の飲食店開業支援コラムを参考にしてください。

 >> 借入金を返済するためには?(飲食店個人事業の場合)

と言う形になります。

上記の算式を見てわかる通り

税引前当期純利益 減価償却費等 税金 留保金 ここらへんを専門知識を有していない飲食店開業予定の方が正確に計算できるものではないと思います。

特に税金は利益の中の大体2割から4割くらいは占めてきます。

となると、ここの計算が正確でないという事は借入返済が出来ない計画 

もっといえば間違った計画書と言う事になります。

金融機関は初心者だから計画書の精度が低くてしょうがないと言う見方はしないです。

経営者になっていくのであれば当然に有していないと経営できないよね?

と言う目線でしか見ません。

なので、専門家が一緒に計画書を作成している、つまり計画書の精度が高いそして計画書に専門家の印鑑を押しますので保証してくれているんだなと言う目で日本政策金融公庫は見てくれるので融資の通過率が高いという事です。

1つ注意点が 専門家なら誰でもよいと言う事はありません。

なりふり構わず公庫へ紹介するような専門家が公庫から信頼されませんよね・・・

また、慣れていないとスピード感が違います。

ここらへんは下記飲食店開業支援コラムへ記載しました。

>> 飲食店開業前の融資支援税理士選びは慎重に!

特に1000万円以上の融資希望する場合には公庫側も創業者への審査を相当厳重にすると思います。(初めて事業するのに1000万円以上をご自身が貸すとしたらなんの信用もなしに貸すか考えてみてください。 貸しますか?)

ので専門家サポートをつける事をお勧めします。

詳しくは以下のコラムで書きました。

>> 日本政策金融公庫に飲食店開業予定者ご自身で申請書を提出してしまうと…

ご自身で融資を申請する事も否定しません 博打でなければです・・・

つまり確実な勝算がない事を残念ながら博打の融資申請になります。

今後経営していく上での意思決定で博打はだめです!

融資申請に落ちた場合に

夢にまで見た「自分のお店を持つ」が実現できず

「自分で融資申請せず専門家に依頼していたら結果は変わったのかな・・・」

脳裏をよぎったら人生に悔いは残らないですか?

しっかり修業して来て力をつけたのに

融資がおりなかった 融資が減額されたため飲食店を開業できなかった、また運転資金が少なすぎて資金ショートして廃業している方は残念ながら沢山います・・・

もし飲食店を開業できなかったらどのような人生を過ごすことを考えていますか?

人生が左右する重要な意思決定になります!

どのような選択をする事が人生後悔しないのか?

を自問自答して飲食店開業準備をしてみる事をお勧めします!!

色々厳しことをお話させていただきましたが最後まで飲食店開業支援コラムを見ていただきましてありがとうございます!

感謝します!

この記事を書いた人

大野晃
大野晃
ITA大野税理士事務所 税理士
http://www.ita-ohno.com/
株式会社CHANGE 代表取締役
「飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法」著者
Amazon「外食産業部門ランキング」第1位(2015年2月27日時点)
http://goo.gl/XWcsM1

昭和59年生まれ 東京都千代田区神保町に在住。

飲食店の開業率の向上、及び飲食店の廃業率の低下を理念に掲げており、また飲食店の成功を、本当に助ける事ができるのは開業前からの支援が重要と考え日々活動中。

「日本フードアドバイザー協会飲食店サポートクラブ会計事務所」に認定及び日本政策金融公庫の支払利息を1%引き下げる支援が可能な中小企業庁公認の「認定支援機関」に認定され理念遂行の為に飲食店を成功に導くためのサービスを行なっている。

個人Facebook お友達申請歓迎!
個人Facebookページ申請

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

個人Facebookお友達申請歓迎 随時情報発信します!大野晃Facebook

飲食店開業資金・創業支援センター ITA大野税理士事務所までご相談ください

初回は無料でご相談にのります!

お悩みがある方は下記バナーをクリックして、お問い合わせください。

top_bnr01

Screenshot

amazonでの購入はこちら楽天ブックスでの購入はこちら7-NETでの購入はこちら



お電話でのお問い合わせはこちら 03-5943-2567 平日月~金 9~18時 ITA大野税理士事務所 住所:東京都板橋区氷川町26-5栄ビル1F メールでのお問合せはこちら

飲食店開業融資専門税理士による飲食店開業融資の相談 初回無料診断ですのでお気軽にお問い合わせください

タッチしていますぐお電話!03-5943-2567

メールでのお問い合せはこちら(24時間対応)

メディア最新情報

『繁盛する飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法』発売中
FM79.2ラジオ  ゲスト出演「開業前に知って得する飲食店開業融資・助成金」

創業支援メニュー

飲食店の開業支援・融資支援

飲食店開業資金融資支援センター
公式Facebookページ



大野晃facebook個人ページ