飲食店開業でお困りの方はITA大野税理士事務所へ

飲食店開業支援コラム by ITA大野税理士事務所

飲食店を開業した方々の6割が軌道に乗せるために半年超かかっている!?

2016-05-13
この記事は 2,366 回閲覧されました。
Pocket

飲食店を開業した方々の6割が軌道に乗せるために半年超かかっている!?

前回のコラムでは、

「飲食店開業は準備と計画が大事!(飲食店開業時に注意しておけばよかった事!編)」 
(※2016年5月6日飲食店開業支援コラム参照

と言う事で、日本政策金融公庫の「飲食店開業時に注意しておけばよかったと感じる事」 のアンケート結果を元にお話をさせていただきました。

アンケート結果は、1位が、「自己資金が不足していた」ということ。

このアンケート結果より、

「設備資金及び運転資金である総投資額に対する資金は適正ですか?」

「もっといえば自己資金だけで賄えますか?」

「お金に余裕がないと精神的に疲弊し、投資のチャンスを逃したりしますよ」

と言うお話をさせていただきました。

 

補足にはなりますが、

投資をする前、つまり飲食店を開業する前には、 ご自身に2つの質問を投げかけてみて下さい。

1つ目は ・・・・・・・ 「この投資をしたときの最悪のシナリオは?」

2つ目は ・・・・・・・ 「この最悪のシナリオに自分は対処できるだろうか」

 

これらを踏まえて今回のテーマは、

「開業した6割の飲食店が軌道に乗せるために半年超かかっている!?」

(このデータも日本政策金融公庫のデータから引っ張って来たのでご参考にください。)

 

3e2e41eeb3b038b87a78992accc79e93_s

 

①開業した6割の飲食店が軌道に乗せるために半年超かかっている!?

日本政策金融公庫が発行している冊子

「新たに飲食業を始めるみなさまへ 創業の手引き+」の~飲食業の創業者の実態~の

≪開業後についての調査結果≫を紹介します。

図1

上記の図解を見ていただけると分かる通り 、

「約6割の飲食業が、軌道に乗せるまでに半年超かかっている」 と言うデータとなっています。

 

②運転資金はどのくらい確保した方がよいのか?!

私の見解としては、最低でも

「初期の仕入(食材+飲料)+固定費3ヶ月から4ヶ月」くらいの確保

が必要になってくるのかなと思います。

上記試算のザックリな理由としては、

  • ①の統計通り半年以上で軌道にのった場合
  • ②借入金の据置期間半年で返済なしの想定
  • ③生活費も自己資金とは別途に半年くらいは用意されている
  • ④売上も予算の7から8割は達成する可能性(半分以上の方が8割の予算達成して入るため)

 で考えた場合、

半年間の売上で3ヶ月分の固定費は賄えるでしょう。

しかしながら、統計上の軌道に乗るまでの残り3ヶ月分は不足してしまいます。

そのため、「軌道に乗ってからの利益の前倒しと投資金を充当」と言う意味で、

必要な運転資金は、

『固定費3ヶ月から4ヶ月』

(見込みの予算経費より上振れした場合を考慮すると+1ヶ月ほしいところです)

かなと私は考えています。

なお、私が考えている想定は統計の中でも意外と厳しめの飲食店を想定して設計しています。

図2

 

上記統計には、いわゆる「脱サラ」で飲食店を開業する方も含まれています。

そのため、もし、飲食店経験者のみで統計を取った場合には、このような統計の結果にはならず もう少し軌道に乗る地点は早いのかなと思います。

特にフレンチレストランのシェフをしていて、メディア実績もあり、顧客リストもあり、なおかつ、フェイスブックで見込みのお客様が多い方々は、私が想定している固定費の数値より少なくて問題ないのかなと思います。

実現する可能性が、「凄く」高い計画である方の場合は、固定費は2カ月分でも問題ないと思います。

 

0cf60f32cad1101f711b6cb59a9a852a_s

③まとめ

万が一失敗した時にご自身が「後悔」をしないために、私は具体的根拠のある統計を元にご説明しています。

半数以上の方々が達成しているような数値を達成できないのは、正直「良い意味での諦め」になり、後悔しにくいかなと思います。

一番辛いのは何の根拠も持たずに、「もっとできた」、「立地選定を間違えた」とか無計画で飲食店を開業して失敗の検証が出来ない事だと思います。

統計だけでなく前回のコラムでもお話しした先人の失敗も参考にしてください。

この先人の失敗は、成功している飲食店経営者のお話はもちろんですが、

ビジネス書やリベラルアーツである教養本(哲学、文学)などからも学ぶ事が出来るます。

仕事で忙しいかもしれませんが、少しずつ読むとよいと思います。

 

最後に

経営で成功する資質がある人 ・素直な人 ・前向きな人 ・勉強家な人 ・ありがとう感謝が絶えない人 ご参考になればと思います!

いつも、ありがとうございます!

感謝します!

 

<飲食店開業支援参考コラム>

【飲食店開業で失敗しないための知恵】借入れを悪と思うのは危険です‼

飲食店開業資金はどのくらい必要か?!

飲食店の開業相談 必要な融資額はいくらか??の運転資金・仕入額編 東京の飲食特化税理士ブログ

 

この記事を書いた人

大野晃
大野晃
ITA大野税理士事務所 税理士
http://www.ita-ohno.com/
株式会社CHANGE 代表取締役
「飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法」著者
Amazon「外食産業部門ランキング」第1位(2015年2月27日時点)
http://goo.gl/XWcsM1

昭和59年生まれ 東京都千代田区神保町に在住。

飲食店の開業率の向上、及び飲食店の廃業率の低下を理念に掲げており、また飲食店の成功を、本当に助ける事ができるのは開業前からの支援が重要と考え日々活動中。

「日本フードアドバイザー協会飲食店サポートクラブ会計事務所」に認定及び日本政策金融公庫の支払利息を1%引き下げる支援が可能な中小企業庁公認の「認定支援機関」に認定され理念遂行の為に飲食店を成功に導くためのサービスを行なっている。

個人Facebook お友達申請歓迎!
個人Facebookページ申請

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

個人Facebookお友達申請歓迎 随時情報発信します!大野晃Facebook

飲食店開業資金・創業支援センター ITA大野税理士事務所までご相談ください

初回は無料でご相談にのります!

お悩みがある方は下記バナーをクリックして、お問い合わせください。

top_bnr01

Screenshot

amazonでの購入はこちら楽天ブックスでの購入はこちら7-NETでの購入はこちら



お電話でのお問い合わせはこちら 03-5943-2567 平日月~金 9~18時 ITA大野税理士事務所 住所:東京都板橋区氷川町26-5栄ビル1F メールでのお問合せはこちら

飲食店開業融資専門税理士による飲食店開業融資の相談 初回無料診断ですのでお気軽にお問い合わせください

タッチしていますぐお電話!03-5943-2567

メールでのお問い合せはこちら(24時間対応)

メディア最新情報

『繁盛する飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法』発売中
FM79.2ラジオ  ゲスト出演「開業前に知って得する飲食店開業融資・助成金」

創業支援メニュー

飲食店の開業支援・融資支援

飲食店開業資金融資支援センター
公式Facebookページ



大野晃facebook個人ページ