飲食店開業でお困りの方はITA大野税理士事務所へ

飲食店開業支援コラム by ITA大野税理士事務所

日本政策金融公庫 飲食店開業 創業計画書の書き方 経営者の略歴等について 飲食店の開業融資相談 東京

2014-07-24
この記事は 2,062 回閲覧されました。
Pocket

日本政策金融公庫 飲食店開業 創業計画書の書き方 経営者の略歴等について

 

 

日本政策金融公庫の創業計画書の第2の項目経営者の略歴等について飲食店開業資金・創業融資支援センター税理士大野晃が飲食店向けに解説していきます。

 

経営者の略歴等

keieisha_01

経歴は大いにアピールした方がよいですが、過去の経歴のものに無申告のもの

があるときは、その経歴はマズイです!

税金の未納などの場合は融資はかなり難しくなります。公庫は国の機関ですので。

w_hand_up_01_g_bl

ある意味当たり前です。当然の国民の義務を果たしてないと、

信用できない会社、人、と言う事になります。

 このような場合は、融資を申請する前に、まずは申告などを済ませる事が先決です。期限後でも申告する事で状況はだいぶ変わります。

koko

そして、経歴書ですが、公庫のフォームでは大概書ききれません。

私の場合は、コンビニ等で売っている履歴書・職務経歴書に写真付で記載してくださいと言います。

書き方のポイントとしては

働いていた会社名だけでなく、屋号 所在地、又アピール項目として店長○○年 シェフ○○年と役職も記載してもらいます。

必ず面接で担当者に言われますので。

 

担当者も人間ですので、やはり見やすい資料の方が、ちゃんとした審査をしていただけるでしょう。

雑だったり、わかりにくいでは、プレゼン能力が低いと思われてしまいます。 プレゼン能力は、経営者としてとても重要な能力です。

分かっていても・知識があっても・経験があっても 相手に伝わらなければ意味がないと言う事です。

 

以上 最後までお読みいただきありがとうございます。

 

創業計画書が上手く書けない・飲食店の融資の相談をしたい方は

この記事を書いた人

大野晃
大野晃
ITA大野税理士事務所 税理士
http://www.ita-ohno.com/
株式会社CHANGE 代表取締役
「飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法」著者
Amazon「外食産業部門ランキング」第1位(2015年2月27日時点)
http://goo.gl/XWcsM1

昭和59年生まれ 東京都千代田区神保町に在住。

飲食店の開業率の向上、及び飲食店の廃業率の低下を理念に掲げており、また飲食店の成功を、本当に助ける事ができるのは開業前からの支援が重要と考え日々活動中。

「日本フードアドバイザー協会飲食店サポートクラブ会計事務所」に認定及び日本政策金融公庫の支払利息を1%引き下げる支援が可能な中小企業庁公認の「認定支援機関」に認定され理念遂行の為に飲食店を成功に導くためのサービスを行なっている。

個人Facebook お友達申請歓迎!
個人Facebookページ申請

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

個人Facebookお友達申請歓迎 随時情報発信します!大野晃Facebook

飲食店開業資金・創業支援センター ITA大野税理士事務所までご相談ください

初回は無料でご相談にのります!

お悩みがある方は下記バナーをクリックして、お問い合わせください。

top_bnr01

Screenshot

amazonでの購入はこちら楽天ブックスでの購入はこちら7-NETでの購入はこちら



お電話でのお問い合わせはこちら 03-5943-2567 平日月~金 9~18時 ITA大野税理士事務所 住所:東京都板橋区氷川町26-5栄ビル1F メールでのお問合せはこちら

飲食店開業融資専門税理士による飲食店開業融資の相談 初回無料診断ですのでお気軽にお問い合わせください

タッチしていますぐお電話!03-5943-2567

メールでのお問い合せはこちら(24時間対応)

メディア最新情報

『繁盛する飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法』発売中
FM79.2ラジオ  ゲスト出演「開業前に知って得する飲食店開業融資・助成金」

創業支援メニュー

飲食店の開業支援・融資支援

飲食店開業資金融資支援センター
公式Facebookページ



大野晃facebook個人ページ