飲食店開業でお困りの方は東京都の税理士事務所、ITA大野税理士事務所へ

飲食店開業支援コラム by ITA大野税理士事務所

主婦の方必見!よく耳にする「103万円の壁」

2014-02-19
この記事は 273 回閲覧されました。
Pocket

主婦の方必見!よく耳にする「103万円の壁」

illust3851

 

婦のパートやアルバイトは「年収103万円以内にした方がいい」といわれます。

 


103万円とは、給与所得控除65万年と基礎控除38万円の合計です。

この2つの控除は、給与を持っている人なら誰もが受けられます。

そのため、給与収入が合計103万円以下なら税金(所得税)がかからないのです。

 

配偶者控除が受けられない! 

ガーン(@_@;)

 

収入が103万円を超えると、超えた金額に税金が掛かる事になります。

また、夫が配偶者控除を受けられなくなります。

配偶者控除には「配偶者の収入が103万円(所得38万円)以下」という条件があるためです。

ただし、収入103万円超141万円未満は、配偶者特別控除を受けられます なお、控除額の違いにより

住民税は、100万円が壁となります(住んでいる地域によって異なる場合あり

 

問題は130万円の壁かも!!!

l_176

妻の収入に税金がかかるようになり、配偶者控除が受けられなくなっても、妻の収入は増え、

配偶者特別控除もあるので、そう心配する必要はないかもしれません

(ただし、配偶者控除の対象でなくなると、会社の家族手当や扶養手当をもらえなくなることも)

家計負担の面では、夫の扶養から外れ、自分で国民年金や国民健康保険に加入して

保険料を納めることになる「130万円の壁」のほうが重大でしょう!!!

 

以上 税理士の大野晃でした!!(^o^)

 

ITA大野税理士事務所 HP クリック

http://www.ita-ohno.com/

この記事を書いた人

大野晃
大野晃
ITA大野税理士事務所 税理士
http://www.ita-ohno.com/
株式会社CHANGE 代表取締役
「飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法」著者
Amazon「外食産業部門ランキング」第1位(2015年2月27日時点)
http://goo.gl/XWcsM1

昭和59年生まれ 東京都千代田区神保町に在住。

飲食店の開業率の向上、及び飲食店の廃業率の低下を理念に掲げており、また飲食店の成功を、本当に助ける事ができるのは開業前からの支援が重要と考え日々活動中。

「日本フードアドバイザー協会飲食店サポートクラブ会計事務所」に認定及び日本政策金融公庫の支払利息を1%引き下げる支援が可能な中小企業庁公認の「認定支援機関」に認定され理念遂行の為に飲食店を成功に導くためのサービスを行なっている。

個人Facebook お友達申請歓迎!
個人Facebookページ申請

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

飲食店開業資金・創業支援センター ITA大野税理士事務所までご相談ください

初回は無料でご相談にのります!

お悩みがある方は下記バナーをクリックして、お問い合わせください。

top_bnr01

Screenshot

amazonでの購入はこちら楽天ブックスでの購入はこちら7-NETでの購入はこちら



お電話でのお問い合わせはこちら 03-5943-2567 平日月~金 9~18時 ITA大野税理士事務所 住所:東京都板橋区氷川町26-5栄ビル1F メールでのお問合せはこちら

飲食店開業融資専門税理士による飲食店開業融資の相談 初回無料診断ですのでお気軽にお問い合わせください

タッチしていますぐお電話!03-5943-2567

メールでのお問い合せはこちら(24時間対応)

上にもどる

メディア最新情報

『繁盛する飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法』発売中
FM79.2ラジオ  ゲスト出演「開業前に知って得する飲食店開業融資・助成金」

創業支援メニュー

飲食店の開業支援・融資支援

飲食店開業資金融資支援センター
公式Facebookページ