飲食店開業でお困りの方は東京都の税理士事務所、ITA大野税理士事務所へ

飲食店開業支援コラム by ITA大野税理士事務所

個人の方 確定申告 預金通帳は3つに分けよう!

2013-12-09
この記事は 760 回閲覧されました。
Pocket

倍返し税理士の大野晃です!

 

今回のテーマは

「個人の方は預金通帳を3つに分けよう」

結論

1、プライベート口座

2、入金専用口座

3、支出専用口座

 

まずはプライベートと事業の口座を完全に分ける

そして入金・支出に分ける!

 

分ける理由

1、プライベートの支出は経費にならないので事業よ家事が混同しない為

2、売上と経費が「感覚」分かるようになる



・「事業が儲かったのか」

・「事業の経費が多かったのか」

・「プライベートの経費が多かったのか」

・「プライベートの支出が極端に少なかったのか」

3、帳簿付けが楽になる

・「入金用口座」・・・売上帳

・支出用口座・・・経費帳

あとは、毎月の月末(月初)に入金用の口座からその月の経費を支出口座に振り替えるだけでバッチリです!

振り込んだお金が月の途中で足りなくなれば「今月はこんない経費を使っているのか!」と気が付きます!

税金対策で、ある程度必要なものを今のうちに経費で買っておくかどうかを判断する材料になる!

 

毎月、自分の生活費を入金口座からプライベート口座に振り替える!

 

どんぶり勘定になりやすいのが、プライベートでの生活費です。

経費とプライベートの生活費がごちゃごちゃになっていることで自分が本当はいくらお金を使っているのかがよくわからなくなるのです!

毎月(月末、月初)に自分の口座に必要な金額を振り込んでみましょう!

「本当にプライベートの為だけに使っているお金」が一目瞭然になります!

http://www.ita-ohno.com/

この記事を書いた人

大野晃
大野晃
ITA大野税理士事務所 税理士
http://www.ita-ohno.com/
株式会社CHANGE 代表取締役
「飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法」著者
Amazon「外食産業部門ランキング」第1位(2015年2月27日時点)
http://goo.gl/XWcsM1

昭和59年生まれ 東京都千代田区神保町に在住。

飲食店の開業率の向上、及び飲食店の廃業率の低下を理念に掲げており、また飲食店の成功を、本当に助ける事ができるのは開業前からの支援が重要と考え日々活動中。

「日本フードアドバイザー協会飲食店サポートクラブ会計事務所」に認定及び日本政策金融公庫の支払利息を1%引き下げる支援が可能な中小企業庁公認の「認定支援機関」に認定され理念遂行の為に飲食店を成功に導くためのサービスを行なっている。

個人Facebook お友達申請歓迎!
個人Facebookページ申請

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

飲食店開業資金・創業支援センター ITA大野税理士事務所までご相談ください

初回は無料でご相談にのります!

お悩みがある方は下記バナーをクリックして、お問い合わせください。

top_bnr01

Screenshot

amazonでの購入はこちら楽天ブックスでの購入はこちら7-NETでの購入はこちら



お電話でのお問い合わせはこちら 03-5943-2567 平日月~金 9~18時 ITA大野税理士事務所 住所:東京都板橋区氷川町26-5栄ビル1F メールでのお問合せはこちら

飲食店開業融資専門税理士による飲食店開業融資の相談 初回無料診断ですのでお気軽にお問い合わせください

タッチしていますぐお電話!03-5943-2567

メールでのお問い合せはこちら(24時間対応)

上にもどる

メディア最新情報

『繁盛する飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法』発売中
FM79.2ラジオ  ゲスト出演「開業前に知って得する飲食店開業融資・助成金」

創業支援メニュー

飲食店の開業支援・融資支援

飲食店開業資金融資支援センター
公式Facebookページ