飲食店開業でお困りの方は東京都の税理士事務所、ITA大野税理士事務所へ

飲食店開業支援コラム by ITA大野税理士事務所

取引相場のない株式 比準要素0 と 比準要素1の有利判定

2014-03-03
この記事は 1,693 回閲覧されました。
Pocket

取引相場のない株式 比準要素0 と 比準要素1の有利判定

 

贈与税の申告時期ですので取引相場のない株式の贈与がさかんのため

株式ネタを書かせていただきます。

 

類似業種 の直前期の要素 B、C、D(配当、利益、純資産価額の順です)(もちろん分子の要素です)が0だと(Bは2年間の配当平均を50円ベースの株式で除して0.1円未満切り捨て 他は円未満切り捨て)

特定評価会社 比準要素0の会社に該当します!

評価は原則通り 純資産価額 同族株主以外なら 配当還元との比較となります。

 

直前 B0C2D0

直々前 B0C0D0

のケースは比準要素1の会社に該当して

原則 純資産価額方式

特例 類似業種×0.25+純資産価額×0.75

同族株主以外なら配当還元との比較となります。

 

ここで問題になるのが

Cの比準要素について年利益金額は

直前期 と直前前期と判定上比較できることです

直前0の方が一見有利に見えますが 特定評価会社を選ぶ基準としては1の会社を選んだ方が有利です

類似業種が0,0,0(判定上は0以外の数字(Cについて)をとり類似計算上は0の選択)をするのがよいです!

 

以上今回は 取引相場のない株式についてでした!!

 

板橋区 会社設立 税理士 ITA大野税理士事務所

この記事を書いた人

大野晃
大野晃
ITA大野税理士事務所 税理士
http://www.ita-ohno.com/
株式会社CHANGE 代表取締役
「飲食店が必ずやっている開業資金の調達方法」著者
Amazon「外食産業部門ランキング」第1位(2015年2月27日時点)
http://goo.gl/XWcsM1

昭和59年生まれ 東京都千代田区神保町に在住。

飲食店の開業率の向上、及び飲食店の廃業率の低下を理念に掲げており、また飲食店の成功を、本当に助ける事ができるのは開業前からの支援が重要と考え日々活動中。

「日本フードアドバイザー協会飲食店サポートクラブ会計事務所」に認定及び日本政策金融公庫の支払利息を1%引き下げる支援が可能な中小企業庁公認の「認定支援機関」に認定され理念遂行の為に飲食店を成功に導くためのサービスを行なっている。

個人Facebook お友達申請歓迎!
個人Facebookページ申請

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

個人Facebookお友達申請歓迎 随時情報発信します!大野晃Facebook

飲食店開業資金・創業支援センター ITA大野税理士事務所までご相談ください

初回は無料でご相談にのります!

お悩みがある方は下記バナーをクリックして、お問い合わせください。

top_bnr01

Screenshot

amazonでの購入はこちら楽天ブックスでの購入はこちら7-NETでの購入はこちら



お電話でのお問い合わせはこちら 03-5943-2567 平日月~金 9~18時 ITA大野税理士事務所 住所:東京都板橋区氷川町26-5栄ビル1F メールでのお問合せはこちら

飲食店開業融資専門税理士による飲食店開業融資の相談 初回無料診断ですのでお気軽にお問い合わせください

タッチしていますぐお電話!03-5943-2567

メールでのお問い合せはこちら(24時間対応)